南千住の歯科(歯医者さん)リバーハープタワー歯科です。矯正歯科の案内。治療費、料金等ご相談受付中。

矯正歯科

矯正歯科とは

矯正歯科とは

矯正歯科の重要性

歯並びが悪いと見た目がよくないだけでなく、さまざまな悪い影響があります。

歯並びが悪いと...

こういった様々な問題を解決していくのが、矯正歯科の治療になります。

矯正治療は「子供だけの治療」と考えている方も多いと思いますが年齢に関係なく悪い歯ならびが治療の対象となります。

矯正歯科治療にも歯並びの種類やご希望によってさまざまな方法があります。
以下におおまかな矯正器具の種類についてご説明します。

矯正歯科の種類

矯正歯科の種類

着脱式

メリット

自由に取り外しができるため、歯を磨く時に外したり、フォーマルな席などで外したりすることができます。

デメリット

矯正装置は口の中にとっては異物の為、装着している時と装着していない時の快適感に大きな差が出ます。その為、特にお子さんの場合、親の目の届かないところで外したままの状態が長くなり、位置が変化してしまったりして、治療効果の面で問題が出るケースがあります。

固定式

メリット

最もスタンダードな矯正装置で一定効果が定期的にみられ、問題点があれば装置の改善も効果を下 げずに修正可能です。
マルチブラケット装置が最も普及しており、永久歯にブラケットを装着し、矯正ワイヤーを通すことで 歯を移動させる治療法です。
また、歯をぬくのではなく、あごの骨を矯正装置で拡大していく床矯正や、最近では歯の裏側に ブラケットをつけて、目立たなくする舌側矯正などの治療法も登場してきて います。

矯正歯科の種類 2

デメリット

矯正治療の進め方

初診・相談

大まかな治療内容や費用について説明

精密検査

歯の型、口の中や顔の写真、頭のレントゲン写真などを撮ります

診断・治療計画の決定

検査結果より治療方針をお伝えし、合意の上、治療を開始します

早期治療

あごを広げたり、成長をコントロールする治療
※永久歯に生え変わったら、もう一度検査。多くは、本格治療へ移行。

本格治療

ワイヤー装置にて正常な噛み合わせをつくる治療
※永久歯は本格治療からスタート

装置除去・保定・メインテナンス

3~6ヶ月間隔:治療終了後、リテーナーにて後戻りを予防、虫歯、歯周病のチェックとクリーニング

flow.jpg

矯正治療にかかる費用

※治療費は変更になる場合があります

その他

・来院間隔は、月1回程度です。
・矯正治療は、ご本人の協力とご家族のご理解が必要です。また期間がかかる治療ですので、十分話しあつて、納得されてからお始め下さい。


TOPへ戻る