南千住の歯科(歯医者さん)リバーハープタワー歯科です。知ってためになる歯科情報の案内。治療費、料金等ご相談受付中。

知ってためになる歯科情報

そもそも虫歯って?
歯周病って?
初期虫歯CO(シーオー)とは?
知覚過敏とは?
神経を取った歯でも痛む?
歯の土台ってなに?
本当に歯にとって良い金属とは?
レントゲンは体に悪影響はないの?
妊娠中の歯科治療はいかに?
口臭について
鼻が悪いと歯が痛む?
喫煙と歯周病の関係
電動歯ブラシってどうなの?
神経をとっても歯は大丈夫?抜けない?
キシリトールの豆知識
あらゆる細菌やウイルスに有効で安全な殺菌水とは?
マイナス1歳から始める虫歯予防
歯周病から心筋梗塞や糖尿病になるって本当?

そもそも虫歯って?

 虫歯とはどんな状態をいうのでしょうか?「虫歯」と聞くと虫歯菌が歯を食っていくイメージがあるかと思いますが、実際はだいぶ違います。  虫歯とは、砂糖(ショ糖)などの糖分を虫歯菌が分解してを作り、その酸によって歯が溶かされる現象を言います。  ですから、虫歯を予防するには虫歯菌の数を減らす砂糖の量を減らす、または歯を酸に強い状態にしてあげるかのいずれかが必要になってきます。  では具体的にどうすればよいのでしょうか?それは、菌数を減らすためには毎日のブラッシングに除菌効果のある歯磨き剤を併用するとか、砂糖の量を減らすにはキシリトールなど人工甘味料が入ったものを食べるなどします。また、酸に強い歯にするにはフッ素入りの歯磨き剤を使ったり、歯科医院フッ素を定期的に塗るといった方法やキシリトール入りのガムなども効果的です。

歯周病って?

  「歯周病」とは、歯を支えている歯肉や骨などの歯周組織の病気で歯茎の腫れ出血、痛み、また、ひどくなりますと歯がぐらつき、ほっておけばやがて抜けてしまうという症状があります。むかしは、「歯槽膿漏」と言われていました。
 では、こうなってしまう原因はなんでしょう?
 それは、歯周病菌です。歯周病菌が歯と歯茎の境目に付着していますと、歯茎がそれに反応し、赤く腫れてきます。腫れますとそこは血管が拡張していますので少し触れるだけで出血してしまうわけです。さらに、私たちの体は細菌から身を守るために免疫機能がありますので、細菌が少ないうちは、それを殺してくれるのですが、細菌の量があまりに多い場合は自己の骨を溶かすまで進んでしまい歯がぐらつき始めます。
 治療は、原因である歯周病菌を取り除くことです。それは、毎日のブラッシング歯科医院でのメンテナンス、また薬を使って除菌することも有効です。

初期虫歯CO(シーオー)とは?

 「初期虫歯」とは、歯に穴はあいていないけれども黒っぽく着色していたり白濁しているものを言います。これは、カルシュウムなどのミネラルが抜け出した状態で直ぐに削って詰める必要がないものです。昭和50年代位までは早期発見・早期治療の考え方から、こうした初期虫歯は削って詰め物をするという治療が行われていたようです。しかし現在では、予防のケアをしっかりすることで進行が止まったり、再石灰化といってカルシュウムが歯に戻り、健全歯への回復を期待するといった考え方に変わっています。ところが予防のケアを怠りますと治療が必要な虫歯に進行する可能性がありますので注意が必要です。
 ですから、3ヶ月から6ヶ月に一度は虫歯が進行していないかどうかのチェックやフッ素の塗布を歯科医院でうけることが必要です。また、キシリトール入りのガムなども虫歯予防再石灰化に有効です。

知覚過敏とは?

 「知覚過敏」、歯磨き剤のテレビコマーシャルなどでよく聞く言葉ですがご存知
ですか?
 知覚過敏とは、虫歯以外の原因で冷たい水や風などによってその時だけ歯が
しみる状態を言います。原因は、歯周病負担のかかる咬みあわせ強いブラッシングなどで歯茎が退縮し根の部分が露出、 そこをブラシでこすることで歯が削れてしまい歯の中の象牙質がむき出しとなるためです。
 この象牙質は、歯の中の神経に向って象牙細管という小さな穴がいっぱいあいており、そこを通じて刺激が伝わってしまうわけです。
 治療は、この象牙細管を薬で封鎖したり、削れ方が大きい場合は白い詰め物をしたりします。また、歯磨き剤を併用してもよいと思います。しかし、症状がそんなに強くない場合は象牙質が適応して自然に感じなくなる場合もあります。

神経を取った歯でも痛む?

 虫歯に侵されて、歯が強く痛んだり冷たいものや熱いものがひどくしみたりした時、やむをえず歯の中の神経を取ることがあります。通常はこの処置で痛みから解放されるのですが、まれに何年かした後、歯に痛みが出ることがあります。(正しくは歯肉や骨の痛みなのですが。)この原因は、処置後何年か経過した後に神経の管が汚れて細菌が繁殖し歯肉や骨が炎症を起こすためと考えられます。
 症状としては、しみるといった症状はなく何もしなくても痛かったり、咬んだ時に痛んだりします。また、神経を取る前のしみる痛みの場合は自分で痛い歯を特定しずらいのですが、神経を取った後の痛みは比較的特定し易いのが特徴です。
 治療は、投薬や根の中の清掃と消毒を行い防腐剤を詰めます。

歯の土台ってなに?

 歯科医院で「歯の土台」という言葉を聞かれたことがあるかもしれません。これは、虫歯が大きく神経を取った歯や歯の頭がなくなってしまった歯に対して、もとの歯の形や機能を回復するために補強する目的で、金属などの材料を歯の中に入れるものです。通常、型取りをして技工所で製作します。

本当に歯にとって良い金属とは?

 奥歯が少し深めの虫歯になった場合、初期虫歯以外は通常、虫歯の悪い部分を削り取り金属で詰め物をしたり被せ物を入れたりすることがあります。その場合、削った空洞と金属は約10μ(1/100mm)単位で適合させる必要があります。なぜならば、もし金属と空洞が適合せず隙間が生じたとしましょう。するとその隙間には虫歯の原因である細菌が繁殖し易くなります。したがって、治した歯でも二次的に虫歯になったり金属が取れ易くなるためです。
 では、どんな金属がその条件に合うのでしょうか?それはゴールド(金)の含有量が多い金属(18K以上)が最もよいと思われます。ゴールドはご存知のように薄く延ばすことができ適合を合わせやすい上、錆びないため細菌が繁殖しずらく二次的に虫歯になり難く金属自体も外れ難いと言えます。さらに、ゴールドは、他の金属に比べ硬すぎないため咬み合わせがなじみ易く対合の歯に負担をかけません。また、金属アレルギーの心配もかなり少なくなります。残念ながら保険適応ではありませんが、体の負担や再治療を繰り返すコストを考慮すれば、長い目で見たとき逆に価値があることなのではないでしょうか。
 一方、いわゆる銀歯はどうでしょうか?銀歯といっても正確には、金銀パラジウム合金といいますが、実際、金は12%しか含まれておらず、歯にとって良い条件は満たしていないと言えます。また、金銀パラジウム合金は金より硬めであるため適合があわせ難く錆びるため二次的な虫歯金属アレルギーの心配も出てきます。ちなみに、アメリカやドイツなどでは使用していない金属です。
 当院でも、二次的な虫歯や金属の脱離で来院される患者様の中で圧倒的に多いのが金銀パラジウム合金の場合です。
 なお、費用については当院HPの審美歯科のページに掲載してありますのでご覧下さい。

レントゲンは体に悪影響はないの?

 歯科に限らず、体の状態を調べるためのレントゲン検査はとても有用な検査の一つです。では、このレントゲン、体への影響はどの程度あるのでしょうか?
 通常、放射線の被曝量Sv(シーベルト)という単位で表します。図1は、自然放射線量と1回のレントゲン検査で被曝する線量(実効線量当量)です。このように、自然界からどうしても被曝してしまう放射線を自然放射線といいますが、この自然放射線を私たちは1年に1人あたり2.4mSv被曝しています。 頭部CTでは1回につき1.09mSv、胸部直接撮影では0.13mSvです。一方歯科での撮影では0.0163~0.0436mSvとかなり線量としては少ないと言えます。つまり、年間55回から150回の撮影をしない限り、自然放射線量にさえ到達しないという事です。
 現実に、胎児の奇形発生には100mSv、骨髄の造血機能低下には500mSv
卵巣への不妊の影響は2500~6000mSvの線量を越えないかぎりその害は発生しません。いかに、歯科レントゲンの人体への影響が小さいかお解かり頂けると思います。
 また、当院では通常の歯科レントゲンの最大1/10程度の線量であるデジタルレントゲンを採用していますのでさらに安全と言えます。

妊娠中の歯科治療について

 妊娠中の歯科治療は、歯石の除去や浅い虫歯の処置を除いては基本的に避けたほうが望ましいと思われます。しかし、どうしても痛みがある場合は、妊娠の時期によって対応が異なります。妊娠2~4か月は着床前のため流産を起こし易い時期でもあり、またつわりも生じやすいため一時的な処置にとどめます。妊娠5~7か月はいちおう安定している期間ですが、麻酔などの薬を使用しなくては痛みをとる処置ができないとき、処置の効果が為害作用を十分に超えると判断された場合のみ、この時期に処置を行います。妊娠8~10か月になりますと分娩が近くなっているため、軽度の刺激に対しても早産となることもあり、この時期も一時的な処置にとどめます。また、レントゲン検査は、防護エプロンを着用してもらい必要最小限の線量で撮影します。歯科でのレントゲン検査の線量は、胸部や腹部と比較して極少線量のためあまり神経質になる必要はありません。  妊娠中は、鎮痛剤などの薬が制限され歯科治療には望ましくない時期です。ですからこうならない為にも、妊娠前に一度検診を受け歯科治療を完全に終えられることをお勧めします。また、妊娠中は歯肉炎を起こし易いため、歯科医院での3か月に一度程度メンテナンス(歯科クリーニング)もよいと思われます。

口臭について

当院ホームページの歯周内科をご覧ください。

鼻が悪いと歯が痛む?

通常歯が痛い時は、虫歯歯周炎を疑います。 しかし、歯が悪くなくても歯が痛いと感じることがあります。その原因の一つに鼻炎などを起こしている場合が考えられます。この場合、特に上の奥歯が痛いと感じます。では、どうしてこの様なことが起こるのでしょうか?その理由として、上の奥歯は根の部分が鼻の横にある上顎洞と言われる空洞に近く、鼻炎を起こした時にはこの空洞の粘膜も炎症を起こすことが多くその影響を受けるからです。
 ですから、この場合の歯の痛みは鼻炎が治まれば自然に治まりますので歯の治療は必要ありません。

喫煙と歯周病の関係

当院ホームページの歯周内科をご覧ください。

電動歯ブラシってどうなの?

電動歯ブラシといっても、いろいろな機種がありますが大きく2種類に分けられます。

1、往復運動や回転運動といった機械的な動きをするもの。
2、(超)音波振動方式のもの。

1は、機械的な運動のため、普通の歯ブラシ同様毛先が当たっていないところの汚れは取れません。ですからふつうの歯ブラシ同様磨き方にコツがいります。それに対して2は音波振動により毛先が当たっていないところの汚れも取り除いてくれます。

では、そもそも電動歯ブラシは使ったほうがよいのかそれとも普通の歯ブラシが良いのか迷われる方が多いのではないでしょうか?もともと電動歯ブラシは手の不自由な方や時間のない方のために開発されたものです。ですから、手の動きに制限がなく、歯磨きの時間もちゃんと取れるのならばふつうの歯ブラシでも正しい磨き方を実践することで十分に虫歯や歯周病予防になります。

ところが、そうでない場合や正しい磨き方が習得できない場合は、電動歯ブラシはお勧めです。しかも、2の(超)音波歯ブラシがよろしいかと思います。

具体的には、少しお値段はしますがソニケアーやドルツといったところでしょうか。

神経をとっても歯は大丈夫?抜けない?

虫歯が深くまで進行し、歯の中の神経をやむをえず取らなくてはならない場合がありますが、はたして大丈夫なのか心配という方は多いと思います。

実際は、歯の質は多少脆くなります。しかし、咬んだときの力に十分耐えうるように金属やセラミックで補強しますので大丈夫なのです。でも、当然虫歯のない天然歯に比べればと劣ってしまいます。また、神経を取ったからといって直ぐに抜けてしまうかというとそんなことはありませんが、歯周病に対する抵抗力は多少弱くなってしまうようです。

ですので、歯の神経は極力取らない方が良いということになります。やはり虫歯にならないように予防することが一番といえるでしょう。

キシリトールの豆知識

甘味料としてのキシリトールとは 白樺などの木の構成成分であるキシランヘミセルロースを加水分解して得られたキシロースに水素を添加して作られます。


★なぜ虫歯を防ぐのでしょうか?

虫歯菌は通常、糖分を取り込みエネルギー源として酸を生成します。
その酸により歯が溶かされ(脱灰)虫歯になるのです。

しかし虫歯菌はキシリトールを取りこむ事ができない性質なので
徐々に弱っていき、酸を生成できなくなるというわけです。


★キシリトールの効果が期待できるお菓子

ガムや飴などのタブレットに限られます。
これ以外のお菓子や食品、例えばケーキやジュースにキシリトールが入っていても虫歯予防の効果は期待できません。
なぜならガム、タブレット以外でキシリトールが口腔内に長く留まるものが無いからです。


★医療の現場でも使われています

キシリトールはインシュリンに影響を与えないため医療の現場では、糖尿病患者や点滴にも使われていました。


★キシリトール関連商品の選ぶ基準

その製品に使用されている甘味料の50%以上含まれていること

キシリトールの含有率=キシリトールの量÷炭水化物の量×100





注意点!!

カロリーが実はかなりある

カロリー的には3.0kcal/g(砂糖 4・0kcal/g)で、決して低カロリーではありません。
いくら虫歯にならないからといって食べすぎればカロリーオーバーになります。

値段が高い

キシリトールは砂糖の約10倍の値段。100%のものは値段がかなり高めです。

一緒に含まれているものに注意

100%キシリトールでないものは、ほとんどの商品に他の甘味料が含まれています。
特に注意すべきは「砂糖」「水あめ」と表記があるもの。せっかくの虫歯予防用キシリトール商品も、虫歯を作り出す砂糖が含まれていては歯磨きの後や寝る前に口にするのはキケンです。

あくまでも歯ブラシのサポート

基本的に歯垢(プラーク)は歯ブラシでしかとれません。
キシリトールを口にしてれば虫歯も歯周病にもならないと考えるのは大きな間違いです。

あらゆる細菌やウイルスに有効で安全な殺菌水とは?

一般的に消毒薬として使用されている次亜塩素酸ナトリウムは、200ppm(有効塩素濃度)で使用されるのに対し、当院で使用している微酸性電解水生成装置で生成される除菌水は30ppm(有効塩素濃度)の濃度で同等以上の殺菌効果があります。

その力の源は、図のように除菌水のpHが弱酸性であり次亜塩素酸の存在率が極めて高いことにあります。次亜塩素酸ナトリウムでの次亜塩素酸存在率が5%であるのに対しこの除菌水では次亜塩素酸の存在率が90%と18倍も存在し、アルコールでは効かないインフルエンザノロウイルス、さらに芽胞菌にも素早く反応し殺菌効果を発揮します。

低濃度で除菌効果の高い殺菌水は人に対して極めて安全と言えます。
また、この殺菌水は平成14年に厚生労働省より食品添加物に指定されており飲んでも問題がなく安全性が評価されています。

マイナス1歳から始める虫歯予防

お母様方。生まれてくるお子様に虫歯は出来てほしくないと思いますよね。もちろんお子様に歯が生えてから虫歯予防をすることも大切ですが、生まれる前から行なう虫歯予防もあるのです。

虫歯は生後2歳くらいまでに、家族特に母親から虫歯菌(ミュータンス菌)がお子様に感染することで起こります。ですのでお母様は、出産前にお口の中の虫歯菌の数を極力減らしておく必要があるのです。そのためには妊娠前に虫歯の治療を終えることはもちろんのこと、妊娠中は念入りなブラッシングと歯科医院でのメンテナンスがお勧めです。

また、最近ではキシリトールという甘味料がよく宣伝されていますが、このキシリトールかなり虫歯予防には有効で、砂糖などの甘味料は虫歯菌が酸を出して歯を溶かし虫歯を作るのですがキシリトールは酸を産生しません。さらに再石灰化と言って歯を硬くする作用や虫歯菌を歯から剥がれ易い善玉菌に変える作用があります。

キシリトールの摂取の仕方は、妊娠6か月から生後9か月までの間一日5~10gのガムやタブレットを3,4回に分けて召し上がるとよいです。しかし、
キシリトールが入っていればなんでも良いというわけではありません。キシリトール濃度が50%以上のものがよく、一方キシリトールと一緒に砂糖が入っているものは虫歯を作りますから要注意です。製品の裏側をよく見て選んでください。

歯周病から心筋梗塞や糖尿病になるって本当?

みなさんは、歯周病が心筋梗塞や糖尿病、脳卒中、肺炎、早産といった疾患を引き起こすことをご存じですか?

歯周病は、口の中の細菌が原因で発症します。その細菌は歯磨きを怠ると増殖し歯の周りにネバネバとした物質を作ります。さらにこれが保護剤となり加速度的に細菌が増えていきます。この細菌とネバネバした物質が膜を作り歯の表面に貼りつきます。これがいわゆるバイオフィルムです。

このバイオフィルムからは、エンドトキシンという毒素プロテアーゼというタンパクを溶かす酵素を分泌します。エンドトキシンは心筋梗塞、脳卒中といった死に至る病気の原因物質です。また、プロテアーゼによって喉や気管、肺の粘膜が常に溶かされ重篤な感染症に罹りやすい状態になっていきます。
さらに歯周病菌は、歯肉の毛細血管から血液中に入ります。このような時ヒトの体はあらゆるサイトカイン(TNF-α等)を分泌して細菌に対抗しようとします。それらのサイトカインはインスリンの働きを阻害して血糖値を上昇させ糖尿病を引き起こします。まさに大げさなお話ではなく口の中の汚れが原因で、命を落とすことがあり得るのです。
また、サイトカイン(TNF-α、IL-1)は子宮に到達すると子宮を刺激して早産を促すと考えられています。歯周病の状態が悪い患者さんは早産の確率が5倍になるという報告があります。
 

*これらの病気を予防するには?

これらの病気を予防するためには、病気の原因になり得るバイオフィルムを除去することが必要不可欠であると言えます。


*方法は?

毎日の正しいブラッシングは元より、3~4か月に一回程度の歯科医院でのメンテナンスが重要です。毎日のブラッシングでは取り切れないバイオフィルムを歯科医院で徹底的に取り除くことで細菌の数を減らす効果があり心筋梗塞や脳卒中、糖尿病、早産の予防につながります。
また、メンテナンスを3~4か月に一回のペースで行うことをお勧めしているのは一度取り除いたバイオフィルムが新たに形成されるまでの期間から計算されたものです。

TOPへ戻る