南千住の歯科(歯医者さん)リバーハープタワー歯科です。診療科目の案内。治療費、料金等ご相談受付中。

診療科目

一般歯科

一般歯科とは、虫歯と歯槽膿漏の治療を主とした歯科診療のことです。みなさまが、歯科へ受診する際ほとんどの方が虫歯や歯周病等で受診されます。 当院では、みなさまの口内環境を常に正常に保つためのお手伝いをさせて頂いております。虫歯・歯周病にならないように、定期健診をおすすめしています。

歯周病治療

歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)が原因で最後には歯が抜け落ちてしまいます。

若いときに歯を失うのは虫歯が原因であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う最大の原因はこの歯周病です。
日本は「歯周病大国」と呼ばれており、35歳以上の約8割が歯周病だと言われています。
歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。
そのため、気が付いた時にはすでに手遅れになってしまっていることが多いというのが、歯周病の最も恐ろしいところです。

歯周病の症状チェック

  1. 歯磨きなどで歯茎(歯肉)から出血する
  2. 口臭がするようになった
  3. 口の中がネバネバする
  4. 歯茎(歯肉)が腫れている
  5. 歯茎(歯肉)が赤、紫色になった
  6. 歯茎などから膿(うみ)が出る
  7. 硬いものを噛むと痛い
  8. 歯がグラグラする
  9. 歯茎が下がって歯が長く見える(出っ歯になった)
  10. 歯と歯の間の隙間が大きくなり、物が挟まりやすくなった
  11. 歯茎(歯肉)がムズ痒い
  12. 糖尿病にかかっている

上記の症状が出たら直ぐにご相談ください。
歯周病は、日頃のケアがとても大切なので症状が出る前に、定期的に受診していただ事をおススメ致します。

無痛治療

歯が痛いけど、治療は「もっと痛いんじゃないかな?」なんて思い、足が遠のいている人いませんか?

麻酔注射が痛かったのは過去のこと。現在は表面麻酔薬を塗布後、細い注射針を使用し、ゆっくりと麻酔薬を注入することで無痛治療へ導入できます。

最も痛くないのは早期発見、早期予防

早期発見、早期治療は一昔前のお話です。今は虫歯、歯周病になる前に早期予防を行う時代です。

咬み合わせ・顎関節症

咬み合わせ

咬み合わせの悪さが起こると、顔の対象性や全身のバランスが崩れ、体調不良へとつながります。その結果、頭痛、肩こり、腰痛、不安、イライラ感、目のかすみ、うつ症状など様々な症状が現れるようになってきます。
咬み合わせのバランスが良くなると、顎の筋肉が正常に動作し、脳が活性化され、身体機能が高まり楽しく生活できるようになります。
まずは、ご相談ください。

顎関節症

顎関節症は、下顎の関節頭が頭蓋骨にある関節円盤に不均等にあたることによって、関節全体に負担がかかり、雑音や痛み、口が開かなくなるなどの症状が起こる病気です

顎関節症チェックシート

以下の症状がある場合、

  1. あごが痛む
    口の開け閉め、食べ物を噛むときなど、あごを動かした時に痛む。
    あごの動きに関係なく痛む場合は他の病気の可能性が高い。
  2. 口が大きく開けられない(開口障害)
    正常な人は縦に指三本分入る(40~50㎜)が、指が2本程度(30mm)もしくはそれ以下しか入らない。
  3. あごを動かすと音がする(関節雑音)
    あごを動かしたときに耳の前あたりで「カクカク」など音がする。
  4. 噛み合わせに違和感がある
    急に噛み合せが変わったように感じる
  5. 口を完全に閉じることができない

顎関節症かもしれません。
そのような症状が有る場合は、受診をおススメ致します。

小児歯科とは?

小児歯科では、お子様の虫歯予防、虫歯の治療などを行います。
小児歯科は一般歯科とあまり変わらない治療内容のように見えますが、実際は成人の患者様に行う治療とお子様では、大きな違いがあります。

一般歯科と小児歯科の違い

日々成長されるお子様は、顎や歯も成長しています。小児歯科では、そういったお子様の成長を踏まえた上で、将来問題になることを未然に防ぎ、お子様の健やかな成長をお手伝いする事が小児歯科治療の大きな目的です。

お子様を虫歯から守るために

お子様を虫歯から守るために

虫歯になりにくい歯にするためには、日々の歯磨きや習慣を見直し、しっかりと予防処置を行うことがとても大切です。

フッ素塗布

フッ素とは体に吸収される自然に存在している物質で、歯を丈夫にするものです。フッ素塗布とは歯面にフッ素を塗ることにより、歯を酸に溶かされにくくし、歯の再石灰化を促進させ、虫歯になりにくくする処置のことです。

フッ素に関する注意点

  • フッ素を塗布した後は、30分間飲食を控えて下さい。
  • フッ素を塗れば100%虫歯にならない、というものではありません。
  • フッ素を塗布しても歯磨きや食生活に気を配らないと虫歯になってしまいます。
  • フッ素は即効性はなく、繰り返し塗布することで効果が現れます。

シーラント

奥歯の表面の溝は歯垢が溜まり易く、虫歯になりやすい場所です。シーラントとは、その虫歯になりやすい場所を虫歯になる前に白いレジンという歯をつめる時に使う材料と同類のものを使って埋めてしまい、虫歯菌が入り込まないようにする処置のことです。
生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は磨きにくく、特に虫歯になりやすいので有効な予防方法といえます。

正しい生活習慣と定期健診

  1. 「だらだら食いをしない」
  2. 「甘いものを摂り過ぎない」
  3. 「正しい歯磨きを行う」
  4. 「よく噛んで食べる」

虫歯予防には正しい食生活が一番大事です。 毎日のちょっとした努力で虫歯は予防出来るのです。ブラッシング指導、定期健診と一緒に指導を受けましょう。

PMTC(プロフェッショナルクリーニング)

PMTC(プロフェッショナルクリーニング)

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning )とは、毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット(歯と歯肉の間のみぞ)内の歯の根の部分を専門的な機械などで徹底的にクリーニングすることをいいます。
定期的にPMTCを受けることで、虫歯や歯周病になりにくいお口の環境が保てます。
『今後の歯科治療はCureからCareへ』と言われる程、将来は歯科の中心的存在になりえる治療です。
また、虫歯や歯周病になりにくい口腔環境にしておくことは、糖尿病や心筋梗塞などの全身疾患の予防にもつながります。

歯周病から心筋梗塞や糖尿病になるって本当?

※『Cure:キュアー』とは虫歯治療、抜歯、インプラントなど、治療行為による処置介入をさします。
※『Care: ケアー』とは定期検診、歯磨き指導、PMTC(クリーニング)などの予防管理をさします。

PMTCの手順

STEP1ブラッシング指導と歯石取り

必要に応じてご自身で上手く磨けるように磨き方を指導します。 PMTC前に歯や歯肉にどのような問題があるかもチェックし、歯石は取り除きます。

STEP2歯と歯の間の清掃

患者さんのお口の中の状態に合わせて、専用のチップやブラシで清掃します。

STEP3咬合面(咬む面)、歯の表面の清掃

奥歯の溝は山型ブラシで、表面や裏側は軟らかいラバーカップで丁寧に清掃します。

STEP4ステインの除去

コーヒー、お茶、タバコなどによる細い汚れは専用の歯面清掃器具(エアフロー)で完全に清掃します。
炭酸カルシウムの粉を吹き付け、細い汚れを除去します。従来の重炭酸ナトリウムと違いしょっぱくありません。
エアフローによる清掃は、美容目的のため保険適用外となります。
別料金 ¥1600~¥2500

STEP5フッ素の塗布と研磨

歯面および歯周ポケット内の洗浄が終わり、最後にフッ素入りのペーストを専用の器具に付けて研磨します。抗菌し、歯を強くするためには欠かせないプロセスです。なお、フッ素塗布後は30分~1時間は飲食を避けるようにしてください。

お茶・コーヒー・タバコなどによる着色がきれいになります!

※炭酸カルシウムのパウダーを特殊な器具で吹き付けて汚れを採ります。

費用 ¥1600~¥2500(税込)

TOPへ戻る